過払い金請求の弁護士・司法書士をお探しの方へ。

当サイトの「法律事務所・法務事務所のおすすめランキング」を参考にしてください。

私も過払い金返還請求をして、過払い金を取り戻しました。
けっこう、まとまった金額でした!

過払い金請求というと、

胡散臭い(うさんくさい)

といったイメージがあるようです。
たしかに、テレビのCMを見ても、なんだか如何わしいですよね。
そのため、躊躇っている人も多いようです。
なんだか胡散臭いように思えますが、正当な権利なのです。なぜなら、払い過ぎた利息だからです。

躊躇っている場合ではありません。
なぜなら、過払い金の請求権には時効があるからです。

私も過払い金の一部が時効になっており、取り戻すことができませんでした。

過払い金請求をしようと思っている方は、1日でも早く、
いや、1秒でも早く、実行に移すべきです。

まずは、過払い金請求に強い法律事務所・法務事務所の無料相談で、

  • 過払い金がありそうか?
  • 時効になっていないか?

を聞いてみてください。
こちらの借金状況を伝えれば。過払い金がありそうかどうか、時効になっているかどうかは、わかるはずです。
とにかく早く無料相談を受けてください。
数十万円、数百万円といったお金の請求権が時効になってしまうかもしれません。
急いで!

 

過払い金請求のおすすめランキング

過払い金請求に強い司法書士、弁護士、法務事務所、法律事務所、司法書士事務所、弁護士法人のラインキングです。
ランキングの順位は、過払い金請求の経験がある私が独自に決めたものです。
過払い金請求を依頼する際の参考にしてください。

アヴァンス法務事務所

過払い金請求では有名な法務事務所
過払い金に関する相談は無料!
過払い金請求の初期費用はなし!
成功報酬は取り戻した過払い金の中から支払う

 

過払い金返還請求したい!頼むなら弁護士?司法書士?

過払い金返還請求を専門家に依頼する場合、弁護士か司法書士になります。どちらに依頼した方が良いのかはケースバイケースですので、まずはそれぞれの特徴を覚えておく必要がります。
過払い金返還請求を行う際にもっとも気になるのが費用の面ですが、依頼費用が安く済むのは司法書士です。額がそれほど多くなければあまり依頼費用をかけたくありませんので、その場合は司法書士の方が便利です。ただし、依頼するには債権額の上限があって、個別に140万以下でないと手続きを行ってもらうことができません。ですから、140万円を超えるようなケースでは弁護士に依頼する必要があります。
交渉面においては、やはりその道のプロである弁護士の方が優れています。最近ではほとんどの業者がスムーズに過払い金返還請求に応じているようですが、中には頑なに応じなかったり減額してこようとする業者もいます。そのような場合に陥った時には弁護士の交渉術が非常に役に立ちます。相手も間に入っているのが弁護士だと分かると、手の平を返したように態度を急変させることもあります。
自分で行えば余計な費用はかかりませんが、全てを任せてしまえるのは非常に魅力的ですしメリットもたくさんあります。

 

過払い金請求は自分でもできる?

過払い請求をしようと思うと一般的には弁護士や司法書士に相談をすることとなります。
しかし、仮に過払い請求ができて払い過ぎた金利分が戻ってきたとしても弁護士費用などの報酬を支払わなくてはいけないこととなります。相応の金額を支払わなくてはいけないことになるので払うのがもったいないと思う人もいるようです。そんな人は自分で過払い請求を行うことも可能となっています。
ただし、仕事をしている一般的な人であればある程度覚悟が必要です。手間や時間がかかる可能性があるのです。決してややっこしくて専門家でないとと出来ないものというわけでもないのですが、最終的に過払い金を手元に戻そうと思うと意外と作業が多いのです。当然、慣れてないなことをするのですから時間もかかると予想されます。書面のやり取りを貸金業者と行います。
そのため、家族に借金のことや過払い金請求のことは知られると思っておいたほうが良いでしょう。また、貸金業者も素人が相手だとなめてかかってくることもあると言います。
色々な意味でやはり専門家に任せたほうがスムーズに終わらせることが出来るのです。

 

自分で過払い金請求をした人の体験談

自分で過払い金請求をして過払い金を取り戻した人の体験談です。
自分で返還請求をする方は参考にしてください。

 

過払い金返還、無知な私でも自分でできました!

今から10年~25年ぐらい前、私は結構な額の借金をしていました。それは信販会社やデパート系カードでのキャッシング、それに銀行のカードローンでした。消費者金融に足を運ぶことは怖かったのでそれだけはなかったのですが、借金に変わりはありませんでした。借金の理由は見栄っ張りだったことや、当時付き合っていた男性が、ある試験の為に会社をやめて貧乏だったので、デート代を私が支払っていた事などでした。完済した後はキャッシングやリボ払いをすることはなく、地道に貯蓄を頑張っていました。
そんある日、インターネット動画を見ているとやたらと過払い金のコマーシャルを見るようになったのです。恥ずかしながら私は過払い金の事など全く知らなかったのですが、「これって私も当てはまるよね?」と思い、過払い金について調べる事にしました。
支払いをしていた時の利用明細などは捨ててしまっていたのですが、私の記憶では利息が20パーセント以上あった事だけは確かでした。インターネット動画のコマーシャルは弁護士事務所のもので、私も最初は弁護士事務所に依頼しようかと思っていたのですが、ネットで過払い金を調べると、自分で過払い金請求した人のブログやサイトが沢山あり、私も自分でやってみる事にしました。
まずは支払履歴の開示の請求をしたのですが、届いたものには過払い利息の計算までがされたものでした。そのあとは信販会社に連絡をして、担当者と電話での話し合いの日時を決めて交渉するだけでした。担当者から電話が来た時は威圧的だったり怖い人ならどうしようと思っていましたが、いたって普通の話し方をする男性でした。交渉の結果、過払い金は満額は返還されませんでしたが、1割の減額だけですみました。弁護士事務所にもよりますが、成功報酬は返還金10~20パーセントが相場らしいので、1割減額なら良しとしようと思い、私の過払い金請求はあっという間に幕を閉じたのでした。

 

両親の過払い請求

私はあまりかかわっていませんが、3社くらいに過払い請求の申請を両親がしていました。
3社もっていう驚きはありましたが。手続きはすこし大変そうでしたが、親から(もし、50万いきなり手に入ったらどうする?)とか(今の50万と1年待てば100万なら、あんたならどうする?)等の質問はありました。
びっくりはしましたが、2社はスムーズに過払いの手続きをしてくださったようで、きちんとお金が戻ってきたようです。家にいろいろ電話があったり、資料がたくさんおくられてきたりはしましたが、結果過払い請求の手続きをしてよかったように思います。
両親は、取り分がどーのこーの言っていますが、借金の支払いが終わり、過払い請求申請の結果お金が戻ってきて、少しすっきりしているようです。
 手続きの大変さ、過払いに関する資料を整理し、過払い請求の申請をしている会社に郵送する、電話がかかってくる(本人確認等)連絡を待つ(これがなかなか苦痛のようです。まだかな?まだかな?)等。審査が通れば、入金がされます。手数料は取れらますがないはずのお金が申請することによって戻ってくる。
過払い請求の申請はもし完済であれば、されるべきだと私は思います。

 

過払い金請求ができるかどうかのヒント

過払い金請求ができる可能性があるのは、主に、過去に消費者金融会社やクレジットカードのキャッシングを利用したことのある方です。
出資法の上限金利が引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃された2010年よりも前に金融会社を利用していた場合、利息制限法と出資法の金利の差であった「グレーゾーン金利」は、現在、不当利得として、利用者側が金融会社に対して返還請求する流れができています。
例えば、消費者金融会社が街の至る所に支店を展開していた2000年前後に、キャッシングのカードを作り、50万円を借り入れ、1年間とりあえず利息だけを支払っていた、という場合、約5万円をグレーゾーン金利として不当に支払っていたことになります。ひと月に2万円ずつ返済しても半分以上が利息として消えてゆくため、元金が減るのには何年もかかります。完済するまでに、返済によってできた空き枠を利用し、借り入れを繰り返していたケースが多く、たとえばその状態が5年あり、臨時収入や家族の協力で一括返済したなどの場合、グレーゾーンの利息として25万円以上支払っていることになります。
弁護士や司法書士に依頼せず、自分で過払い金返還請求はできます。金融会社に貸付から完済までのデータを請求することができますので、インターネットでなどで手順を確認し、確実に手順を踏んでいけば、利息制限法を超えて支払っていた金利を取り戻すことができます。

 

過払い金請求は応じない貸金業者も少なくはない

過払い金請求は、過去に出資法と利息制限法の間で生じていたグレーゾーン金利により、高い金利で契約状態にあった方で発生しています。現在でもなお、過去の金利が適用されているケースがあり、特に既に貸金事業から撤退し、回収だけを行っている『みなし業者』では払い過ぎの可能性があります。
では、返還請求を行った場合、必ず回収可能かと言うと、答えはNOです。実際のところ、過払い金請求により、貸金業者の多くは経営が悪化し、倒産や事業撤退になった会社も少なくはありません。
以前は、過払い金請求に応じていた会社でも現在では対応していないケースが増えているため、テレビやインターネットにおいてタイムリミットが話題になっています。
では、契約者はどうすればいいかと言うと、貸金業者の経営状態が悪くならないうちに手続きを済ませてしまうことです。
そのため、公式ホームページやインターネットでの返還請求状況を確認をしっかりと行う必要があります。
全て返還請求で戻ってくるという考えではなく、戻ってくる可能性がある程度で考えていた方が落胆させられずに済みます。また、既にみなし業者となっている場合は、返還に応じない可能性が高いと考えておくことが重要と言えます。

 

身に付けておきたい過払い金の基礎知識

過払い金請求の前に、過払い金の基礎知識を身に付けておくといいですよ。
私自身、任意整理の相談に行ったとき、司法書士から「過払い金があるかもしれません」といわれ、その日の夜から過払い金について勉強しました。
その結果、「過払い金はあるな」と確信しました。

過払い金とは?

過払い金とは簡単に言うと「払いすぎてしまった利息」のことです。
お金を借りる際には利息が付いてしまいますが、出資金法と利息制限法という2つの利息に関する法律の解釈の違いによって生じてしまったものです。100万円を借りたとき、出資法の上限利息は29.2%となっていますが、利息制限法では15%になっています。利息が高くなるほど消費者金融などお金を貸した側の利益が多くなるので、多くの会社が利息制限法以上、出資法未満の利率でお金を貸していました。
この範囲内の利息のことをグレーゾーン金利と言います。裁判によって、最高裁で「利息制限法を超えた利息は支払い過ぎのもののため、返還請求できる」という判決が出たため、グレーゾーン金利でお金を借りていた人は過払い金を返還してもらえるようになりました。
しかしこの過払い金は該当している人が全て自動的に返還されるわけではなく、自分で請求を行って返還してもらう必要があります。また、消費者金融などの契約が完了してから10年で時効になってしまうため、高い金利で利息を払っていたかもしれない、と気づいたタイミングで司法書士や弁護士などに相談してみると支払いすぎた利息が返還される可能性があります。

 

利息制限法とは?

利息制限法とは、簡単に言えばお金を貸した側が利息として受け取れる上限を決めた法律です。具体的に言うと10万円未満であれば年利20%まで、10~100万円未満であれば年利18%まで、100万円以上であれば年利15%までというように決められています。これは、個人でも法人でもお金借りたときに適用されます。
経済的弱者である借り手を守るというのが目的で、もし、これがなければ貸し手がいくらでも利益を得て良いことになり、某ドラマであったような「十一の利息」が合法ということになって破綻する人が増えてしまいます。
しかし、この利息制限法は罰則規定がなく、消費者金融会社などでは守られていませんでした。これとは別に出資法というものがあり、ここでの上限金利は年利20.92%で罰則規定も厳しかったことからこれを適用していました。
出資法が2010年に改正されるまでは、出資法と利息制限法で金利の上限が違っていました。これが、グレーゾーン金利というものです。
こういった経緯もあり、数年前から過払い金請求の対応が弁護士や司法書士といった法律を扱う事務所で多くされています。それにより、返還請求の多い金融会社は、倒産、経営悪化という状態になっています。"

 

過払い金返還請求のデメリットやリスクとは?

過払い金返還請求は払い過ぎた利息を返還してもらうもので、長期間の利用をしていた場合には数十万円~数百万円もの返還金を受け取れることがあります。しかし、過払い金返還請求にはメリットだけではなくデメリットも存在しています。
デメリットとしては、現在も過払い金返還請求を行う金融機関などで借り入れがある場合です。過払い金として返還されたお金で現在の借入額が全額返済することができれば何の問題もありません。しかし、現在の借入額の方が過払い金よりも多い場合、過払い金返還請求で手にした額を返済に利用しても借入額が残ってしまいます。このような場合には「債務整理を行った」とみなされてしまいます。そのため、債務整理を行ったという情報が個人信用情報に記載されてしまい、現在の借入額の返済が完了してから5年ほどは新規の借り入れやクレジットカードの作成がえできなくなってしまいます。また、現在持っていて利用しているクレジットカードや他の消費者金融なども利用は出来なくなってしまい、返済のみ利用することができるという状態になってしまいます。これからもお金を借りる必要があるけれど、過払い金の金額の方が少なくなってしまうという場合には注意が必要です。


最終更新日: 2017/11/18

更新日:

Copyright© 過払い金請求|おすすめランキング , 2017 AllRights Reserved.